top of page
  • 執筆者の写真asdg

<2020年2月>


ご子息様の通学用のカシミアのコートを仕立てさせて頂きました。

こちらのコートは実は2代目。カシミアのコートの中

にお取り外しできるカシミアのライナーというご両親様のお誂えと全く同じスタイルでございます。

初めて誂えさせて頂きましたのは小学一年生の時でございました。

その折はデザインはほぼ、私のご提案でございました。生地や裏地を6歳の男の子にお選び頂く事は出来るのだろうかと思っておりましたが、触り比べられ、表地、裏地、ライナーカシミア生地に付属品まで御自身のご希望をしっかりお伝え下さり、徒な大人より確かな感覚と物差をお持ちだと感心、お子様だから難しいと決めつけてはいけないとお子様の無限の可能性を学ばせて頂きました。

サイズを出し3年お召し頂き、4年目の今年、いよいよお出しできます縫い代がなくなり、ご新調させて頂きました。



今回は高学年でお兄さんになられるので少しカジュアルな方が宜しいかと、「ダッフルやピーコートのようなデザインはどうかしら?」とご提案しました所、「デザインは今のがとても気に入っているのでこのままで‼️ポケットの形だけ変えたいです。袖の折り返しのデザインが特に気に入っています」と仕立て屋殺しの嬉しく、そして頼もしいお言葉を頂きました。今回は何故この裏地にするのかなど、選ぶ理由までお話下さりながらお決め下さいました。型紙をひき、仕立てながら、お身体も大きくなられ、人としても"小さな男の子"から立派な"少年"にご成長なさったと感慨一入でございました。今度も"少年"から立派な"青年"になられるまでお出ししながら少しでも長くお召し頂けます様、縫い代を沢山つけ仕立させて頂きました。

ご両親様の愛情のこもったこちらのコートをお召し頂き、元気に楽しく通学、沢山学び、沢山遊んで頂きたいと願っております‼️

サロンオーナー  庄司 博美​













































Comments


bottom of page