top of page
  • 執筆者の写真asdg

<2020年10月>






文化服装学院の大先輩、高田賢三さんの悲しい訃報を受け、二年前、講演に伺いそのお人柄に魅了された事を思い出し悲しみでいっぱいです。2018年の講演後、ブログ「Ginza style」に掲載しました記事を弊サロンホームページに再度掲載させて頂きます。

高田賢三さん、お人柄の素晴らしい素敵な方、日本が誇る素敵なデザイナーでらっしゃいました。ファッションに携わる者としてお話から頂いた志と熱量を決して忘れません。

ありがとうございました。

寂しくてたまりませんが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。


サロンオーナー

庄司博美



高田賢三さんのご講演を伺ってきました🎶

お話の内容は今までの歩みで、出版されております本を読めば、、、❔❕という感じでございましたが、飾らないそのお人柄が素晴らしいご講演でした(^-^)

初めてパリに来て3,4ヶ月は何にもしないまま過ぎてしまった事、店を出すのに、お金が無くて手塗りしたり、日本に帰って知り合いから一人100万円ずつお金を借りた事、その時に着物柄の安いコットン生地等を買って帰りそれが結果的に「KENZO」の代名詞のようになった事など、格好つけずにサラッとお話なさいました。

特に私の心が震えましたのは、そのビジュアル❗❗写真は本日の講演主催者ページからの引用ですが、高田賢三さん御年79歳です。

スラッとした美しいモデルのようなスタイル、少~しだけエッジを感じるサンローランのスーツをシックでエレガントに着こなされ、姿勢正しく佇まいが美しい。

こんな79歳見たことがありませんでした❗❗

こんな風に79歳になる事が出来る❕感動でした

若かりし頃はヒッピーのようなやんちゃな感じでクリエーター然でらっしゃいますが、そんなちょっと尖った方が、高い美意識でセンス良く歳をとられた感じでした(^-^)

華やかなご活躍もあり、ブランド引退の最後にはフランス人相手に様々なご苦労もご経験なさったでしょうに、最後にこれからの若い方へのメッセージを聞かれると、そのお言葉は

「沢山、いっぱい冒険をして欲しい、インターナショナルに❗❗」

何から何まで本当に格好いい方でした(*´∀`)♪

Artirsan salon de giso

庄司 博美

Commentaires


bottom of page