top of page
  • 執筆者の写真asdg

<2019年5月>


最近、白髪を生かしたグレイヘアーを良く目に致しますが、随分以前から弊サロンのお客様もそのようにしていかれる方が結構いらっしゃいます・

年齢が何かの基準になるとは私は全く思いませんが、こちらのウンガロのシルクジャージーのデザイン性の高いスカートのお仕立てをご用命くださいましたのは60代後半のコマツからの長いお付き合いのお客様。

あらゆるお洋服をお召しになってこられたお客様らしい「私に似合うスカート」の拘りオーダーの仕方についてのお話もお書きしたい所ですが、

本日は私が人生の先輩として大変素敵だと思いましたこちらのお客様の年齢を重ねていくご自分と、ファッションとの向き合い方についてのお話を!

エルメス、セリーヌ、バレンシアガ等のハイブランドからセレクトショップの若手のクリエーターものまで面白いクリエーションを感じさせるものなら好奇心旺盛に楽しんでお召しになられるファッション感度の高いお客様。「これからはグレイヘアーにしていくからそれに似合うものを宜しく!」と仰られたのが数年前!

きっかけを伺いました所、「鏡を見てて、顔はおばあさんなのに、頭は黒い自分に違和感を覚えて何だか気持ち悪くなってしまってね!」(客観的には全くお顔もおばあさんからは程遠い、素敵な方でございます)

常に鏡に映る自分を観察して、自分はこうありたい!という今の自分にしっくりきているかどうか?を考えることが出来るのは、年を重ねる自分の姿と、今の自分自身の気持ちに常に向き合いながら、毎日を本当に自分を大切に生きている方にしか出来ない事だと思いました。

これが出来る方は、ファッションだけでなく、常に人間がアップグレードされ、常に新しい錆びない素敵な方であり続ける。

このお客様にいつお目にかかっても素敵だと感じますのはこのような生き方がきっと秘訣の一つなのではと思いました。

人生の先輩として、目標にしたくなる素敵な年の重ね方を示してくださるお客様方が、弊サロンには沢山いらしてくださいます。

サロンオーナー 庄司 博美



Comments


bottom of page